* 愉しいこと色々 *


2007年の秋までは何も無かったベランダの変化と、私が“愉しい”と感じる事を書き綴っていく日記です。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



読んで下さった足跡代わりに…*
クリック↓して頂けたら…嬉しいです..。.:*・
ホームページはコチラ↓
PCにてご覧下さい
愉しいこと色々HP




先に言っておきますが、今日の日記はお洒落感とは無縁の日記です。
試行錯誤続く、ベランダの防寒対策をお題にさせて貰います。
去年は何が何か分からないうちに冬へ。
一度、ビニ温室を開けるのを忘れて、多肉さん達を煮ちゃったこともあったっけ( ̄_ ̄|||)どよ~ん
あの時はショックでしたよ。本当に(ノ_・。) (その時の日記はコチラ)←笑うの禁止ですから…。
その当時頂いたコメントには、随分励まされました。
今年も、昨年同様手探りの防寒対策2008年バージョンで考えてみました^m^


基本、ビニール温室以外は野ざらし放置ですが、一箇所だけ防寒を出来そうな所発見!

手作りシェルフ シェルフ風対策

この手作りシェルフ、一番下の部分が丁度風の通り道に。
夏は丁度いいのですが、冬はちょっと寒そう。
右の写真、ちょっと反射しているのが分かるかなぁ~…ビニールシートを貼りました。
一番下の段の板と、2番目の板の側面に両面テープでペタリ☆
手前の面は何もしていないので蒸れる心配もなさそうです。
風が当たらない分、少しは防寒対策になってくれたら嬉しいです。
ここには、セダム系の“お水大好きちゃん”を集合させています。


*****

そして、ビニール温室の方も…。
ビニ温室1
ビニ温室2
(-m-)ぷぷっ  ひどいでしょ?
これは勿論ビニール温室の夜の姿。
でも、これって去年の失敗を繰り返さない秘策。
万が一、朝空け忘れても太陽が遮られているので温度上昇は少ないはず。
実はこれ、原チャリなんかのカバーをカットしたもの。
窓の部分の壁に突っ張り棒を張って、二重にしたシートを通してあります。
*銀の防災用シートの方がいいかな…。
ビニ温室3
シートは取り去らず、そのまま巻いて温室の奥側へ押し込みます。そしてその下は、こんな風にプチプチシートが(^m^ )クスッ これも余りカッコイイとは言えませんよね^^;サイズも足りてないし…(* ̄m ̄)
このプチプチシートも改良をしてみました。

↓暗くなってから閉めることもあるので、シンプルに。
4箇所このフックを掛けるだけにしてみました。
ビニ温室4
このプチプチの部分は、前面だけを開放する為にクルクルと右側に巻いていき、そのまま取り去らずに温室の右側の柱に固定させておきます。(風でばたつかないように…)
ビニ温室5
ビニ温室6
←これが風の強い日のスタイル。見えるかなぁ~。一枚ビニールシートを前面に垂らしています。
元々のビニール温室のままだと、温まった空気の逃げ場所が無いので、上の部分は開放して風だけを除けられる様にしました。

一番上の棚は、どうしても高温になってしまうので、夜にしか使っていません。高さも制限があるので、葉挿しの箱なんかを置いたりしています。
何だかクリップがたくさん付いていてかっこ悪い…(^_^; アハハ…

ビニ温室7
一応、クリップにもちゃんと役目がありまして…。
←横に並んだ小さ目のクリップは、前に掛けたビニールシートを挟む為。穴を開けて紐を通してあります。

大きいクリップは、ビニールカバー自体が風でバタバタしない為。
2つのクリップをワイヤーでつないで少し引っ張り気味にして張っているので、風除けに掛けた前のビニールシートのばたつきを押さえるのにも有効です。

何だか、何重にもしてダメダメな姿ですが、ビニール温室のファスナー部分を夜も閉めずに使っているのでしょうがないと思っています。
なんで、ビニール温室のファスナーを閉めないのか…。
それは、すごく寒くなってくるとビニールの部分が硬くなって、ファスナー自体の締まりも悪く、「ブリブリ…」ってすごくうるさいから^m^



(おまけ)
ブログ“緑町のウェブ屋”さんのアンケート「あなたの多肉の冬越し、ど~いうの」ってご覧になりましたか?
時々コメントを下さるsalsaさんのブログです。
多肉植物の冬越しについてのアンケートがあったんです。
勿論、私も初心者ながら参加させて貰いました。

問6 冬場の管理について「こうしているよ」というのがあれば。
   また、役立つアイテムや失敗談など、ご自由にご記入ください。

っていう設問に対しての私の答えは…。
ビニ温室使用なんですが、最初についていた棚を少しずつ上に移動して段を増やし、一番下にトレー(小さい穴あきの大きいトレー)を敷く事で下からの冷気を少しでもシャットアウト…出来ればなぁ~と。
まだ試してない今年のアイデアでした。 基本、朝晩の開け閉めを忘れないようにすることですねぇ~。

って書きました。何か、真面目に書き過ぎ~って思いながらねっ!

その通り、ビニール温室の一番下の段は黒いトレーとなっています。
冷気は下から来るという事で、無意味かもしれませんがその下に新聞紙を置いています。

はぁ~~。今年の防寒対策はこんな感じです。
まだこれが最善!って訳じゃなく、ただ単に今年これで様子を見てみるっていうだけです。
毎年バージョンアップしていけば、そのうちいい防寒対策が見つかるはず。
最後まで読んで下さってありがとうございます.。..。.:*・゚


*****


(1月27日追記)
ビニール温室、少しだけ改良しました。
やはり一番上の原チャリのカバーから、銀のレジャーシート?(厚さ約2mm)に変更しました。
ビニ温室 改良版
クリップ
こっちのほうが太陽を反射するので便利だし、保温効果もいいかな…と思って。朝クルクルと巻き上げて窓とラックの隙間にねじ込みます。ラックの下の方だけ2箇所、強力事務用クリップで固定。




読んで下さった足跡代わりに…*
クリック↓して頂けたら…嬉しいです..。.:*・
ホームページはコチラ↓
PCにてご覧下さい
愉しいこと色々HP


コメント

夏の遮光と冬の防寒は多肉を育てていたら
永遠のテーマのような気がします(^_^;)
私はみんな取り込んじゃってますが…
ぴかさんみたいにビニール張るのと取り込むのと
どっちが面倒かな~って考えてる自分が…
基本、面倒くさがりなもんで(〃´o`)=3 フゥ
まあ、どちらにしても、お互い無事に冬越し出来るといいですね^m^
その後には、素敵な春が待ってます。

すごいです~!!
しかも、こんなに大変そうなのに、楽しそうなのは何故!?
なんだか羨ましくなってしまいましたヾ(@^▽^@)ノ
来年は私も少しはベランダきれいにしたいなぁ 

リンクありがとうございます。
アンケートは匿名ですが、なんとなくこれぴかさんってわかりましたよ(笑)

下からの寒さという意味なら、誰か書いていたかな? 鉢を置いている棚に、板状の発泡スチロールを敷くのも多少の効果があるかもしれませんね。明るくなるのもポイント高いし。
(私、前はやっていたんですが、そのまま水遣りできないのと下の段に影ができてしまうのでやめましたw)

しかし、同じ色気のないベランダ記事でもぴかさんはオサレだわ。
クリップ一つ取っても、洗濯ばさみそのまんまの自分とは大違いw

防寒対策

防寒対策、ギクッ・・・
今年はまだ何もやっていないんです。
緊急避難で家の中に取り込んでいるっていうだけで。でもセンペルは外のまま(^^;

↓のロウバイ、いいですよね~
うちの近所でも咲き始めているみたいで、通りがかりの道でふわっと香りがしました。
ブログを始めてから知った花です。
デジイチ、いいですよ~~<悪魔の囁き?(^^;
アケビのメモにお返事があったんですね。うれしいですね♪

★ひさえ さん★

冬はやっと2回目なんで、色々考えてみました。
私はビニールのほうが楽かと…思いました。
こうやって色々考えるのも愉しいので…。
私の防寒対策って、無意味かもしれませんけどね^^;
寒い冬があるから、春が待ち遠しいのかもしれませんね。
何事もなく無事冬を越えられますように…。アーメン^m^

★あやっぺ さん★

全然大変なんかじゃないですよぉ~。
愉しい…うん、愉しいからやっているんですよ。
その一言に尽きますね(*^^*)
失敗をして、また工夫して…の繰り返しですね。
自分だけのスペースなんで、思いっきりエンジョイしたいと思っています.。..。.:*・゚

★salsa さん★

あは(*^^*)読んでいただけて嬉しいです(^^♪
言葉で説明するより写真の方が分かりやすいとおもいまして。
私の回答ってバレるなぁ~って思いながら書きました^m^
無意味な防寒対策かもしれませんが、考えるのが愉しいですp(^-^)q
何年か後には、防寒対策のプロフェッショナルになっているかも??
いくら木のクリップでも、こんなにグルグル巻きにしたんじゃ…って感じですね。
楽しいアンケートの企画、またお待ちしてますねぇ~!

★lancia さん★

家の中が一番安全ですよ。
でも、私は取り込むのが面倒で…。
何だかビンボー臭い防寒対策ですが、これも初心者の成長過程ってことで…(^_^; アハハ…
園芸と手作りの事を考えている時が、一番幸せです(*^^*)
あ…食べている時と、寝ている時も好きです^m^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pikaxxx.blog19.fc2.com/tb.php/379-ec09b81c

ぴか

カメラ:RICOH  CX6
    PENTAX K-m
(smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited)



愉しいこと色々HP
*多肉寄せ植え、ワイヤークラフトの作品集*


キーワード入力で、このブログ内の記事を検索


PC以外の方は、↑をクリックして下さい。

現在の閲覧者数:

PC以外の方は、↑をクリックして下さい。

ガーデニングDIYガイド
マジカルプランツ
12ヶ月の寄せ植えレシピ
ベランダガーデニングベストガイド
planted junk
Aji-Niwa
ワイヤーで描く小さな庭
フードラッピング
寄植えデザインBOOK
多肉植物―ユニークな形と色を楽しむ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。